ヘナという植物

ヘナという植物は、インドを中心にアフリカ北部から中国南部まで、幅広い地域に分布しています。 特にインドは、気候がヘナの生育に最適なため、生産量や品質において非常に良い産地とされています。

ヘナの木は、そのまま放置しておくと3メートルを超える高さに成長しますが、産地では1メートル程度で刈り取ることが多いようです。 収穫は年に2回、5月の酷暑のシーズンと、10月の雨季の後のシーズンに行います。 そして10月に収穫したヘナは、暑さと水分により、5月収穫のヘナよりも良質です。

へナには、「ローソニア」というオレンジ色の色素と「タンニン」という髪の損傷部分をカバーする成分が含まれます。 これらの成分が有効に働くことで、髪にオレンジ色の色素が染着します。 またヘナには、皮脂を落とす効果があるため、頭皮を清浄にすることもできます。 これらの効果を示す成分は、ヘナの葉の部分にのみ含まれ、 枝の部分には含まれていません。 そのため、ヘナの選別が粗いと、枝などが入り、これらの効果が低くなってしまいます。

インドでのヘナの存在

インドにおけるヘナの用途のなかで、一番よく目にするのはメヘンディアートです。 メヘンディアートとは、婚礼や祝事の際に、女性がヘナの色素によって行うボディーペイントのことです。 彼女たちは、子供の頃からこれらに慣れ親しみ、文化として受け継がれてきています。 メヘンディアートで描かれる幾多もの模様には、それぞれに様々な意味合いが含まれ、 願いや想いを託すトラディショナルな文化の一つとして存在しています。

ヘナを使って髪を染める

次に多く見られるインドでのヘナの用途は、髪を染めるという用途です。 髪を染めるという用途は、インドをはじめ世界中で見られます。髪を染める場合は、 ヘナの葉の部分を製粉したものをお湯で練って滑らかなペーストを作り、それを頭に乗せることで髪に色素を吸着させます。 さらにタンニンが髪のダメージ部分に入り込むことで、髪に強さを与えます。 ヘナの専門家が、髪質を見極めた上で、適切にヘナを使えば、髪を染めることにとどまらず、毛髪の強化、頭皮の清浄化といった効果も得られます。

ヘナが持つ色素とその他のハーブ利用

ヘナの色素はオレンジ色、ただ一色しか存在しません。 オレンジの色味を緩和させるために、補色であるブルーの色素をもつハーブ、インディゴが活用できます。 インディゴを混ぜることで、自然なブラウンになります。 インディゴとヘナの配合比を変えることにより、いくつかのブラウンのバリエーションが得られます。

黒髪にヘナを塗った場合、その染まりはほとんど視覚として感じることができません。 白髪にヘナを塗る場合は、白髪の割合によって色味の現れ方が異なってきます。 ヘナは化学薬品を配合したカラー剤のような、色味の豊富さもなければ、黒髪の色を変えることもできません。 しかし、化学薬品では、それらができる代わりに、髪へダメージをもたらし、頭皮を通して人の体内へダメージをもたらし、 排水を通して、環境へダメージをもたらす可能性があります。 植物であるヘナは、化学薬品を配合したカラー剤と比較すると、色味の制限はありますが、髪にも人にも環境にもダメージを与えません。 ヘナを使い続けることで、髪はむしろ、強く美しくなっていきます。

Copyright(c) 2014indeyherbs. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com