ヘナを取り入れて差別化を図る

マーケティングを行っていく上で競合店との差別化を図ることは重要なことであり、多くの企業が差別化を図る戦略を考えています。差別化といってもその種類はいくつもあり、差別化戦略の1つにブランド力向上が挙げられます。ブランド力は売り上げの向上に欠かせない要素であり、大企業はもちろん中小企業にも必要な要素になります。

ブランドについて

ブランドと聞くと高級品というイメージが強かったですが、現在では製品だけでなく社会や顧客に対して価値があるものをブランドと呼ぶようになっています。そもそもブランドとは牧童が自分の牛と他の牛を間違えないように焼き印をしていたことが始まりとされており、自社と他社を区別するための名前や特徴がブランドの定義となっています。

現代では消費者が自由に商品を選ぶことができるようになっているので、お客様に自社の製品やサービスを選んでもらうためにはブランド力を意識することが重要になるのです。

ブランドの必要性

高額な商品を購入する際、失敗したくないと考える方がほとんどかと思います。失敗を避けるためには知名度の低い商品を購入するよりも知名度の高い商品を購入した方が失敗しにくいと消費者は考えますので、ブランドの認知度を高めることは販売においても有利になります。

またブランド力を高めることで値引き競争を避けたり、長期の売り上げが見込めたりと、様々なメリットがありますので、消費者に認知させやすいブランドを構築する必要があります。ブランドを構築する際は商品の品質はもちろんのこと、販売層やポジションの明確化、経営者や従業員の考え方など、様々な視点から考えてブランドを構築することが基本になります。

当店では美容師が選び抜いた安全性の高い天然ヘナの販売や販売店情報、ヘナの使い方が学べる体験会への案内など、ヘナに関する情報をお届けしています。また美容室向けのプロフェッショナル講座も行っており、ヘナの使い方が分からない未経験の方でも簡単に取り扱えるようにサポートいたします。ヘナを導入して差別化を図りたいと考えている方からのご相談も承っているので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Copyright(c) 2014indeyherbs. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com